前へ
次へ

ちょっと待って!SFAの特性を把握してからシステム導入しましょう

SFA(Sales Force Automation)は営業セクションの一元管理や情報共有など、営利企業にとってメリットが沢山あります。
その為、多くの企業がSFAを導入している中、営業活動の一端を担う「マーケティング」へ利用する事を目的にしている企業もいます。
しかし、SFAはマーケティングが苦手なシステムなので、これから検討を導入している企業担当者様は要注意しましょう・・・。
そんなSFAにマーケティング管理させる裏技を今回、こっそり伝授いたします。
それはCRM機能搭載SFAを導入する事です。
CRM(Customer Relationship Management)は日本語で「顧客関係管理機能」といい、クライアントデータベースの管理・プロモーション・レポート機能を兼ね備えたシステムで、マーケティングに特化しています。
「SFAのクライアント管理機能」×「専門的なCRMが拡充されたシステム」を掛け合わせる事で、営業セクション管理とマーケテイングが強化・両立します。

Page Top