前へ
次へ

そのSFA逆効果!現場に負担掛かってない?

SFA(Sales Force Automation)は営業情報を一元管理し、セールスパーソンをサポートする心強いパートナーです。
しかし、煩雑な運用を要求されるSFAは、支援どころか営業活動を圧迫しかねません。
過去にあった事例では、ITリテラシーが低い会社に最新鋭のSFAを導入した所、きちんとデータ入力しなかった為、データ精度がとても低くなりました。
また人間は管理される事を嫌う性質の生物です。
その上、営業は自分でクライアントを獲得する、途方もない苦労が伴う職種なので情報を共有したがらないビジネスパーソンも少なくありません。

「じゃあどうすればSFAを導入できるんだ?」

と思われる方、いらっしゃるでしょう。
中々、現場に受け入れられにくいSFAですが、最初は項目数を削減した簡易版から運用を始め、社内のITリテラシーに合わせて精度の高いシステムへ移行していくのです。
そうする事で企業に適切なレベルのSFAをスムーズに導入でき、その後も定期的なフォロー研修により、理解・操作法を教育すれば定着していくでしょう。

Page Top