前へ
次へ

SFAの歴史と進化をご紹介いたします!

今では身近な存在になったSFA(Sales Force Automation)の歴史と進化についてご紹介いたします。

●SFAの始まり
1980年代、技術革新により集積回路「大規模LSI」が開発され、本格的にIT機器がビジネスにも導入されました。
それに伴い、それまで困難とされていた営業スタッフの一元管理による、最大効率化を実現するシステムがソフトウェア業界で開発されました。
それがSFAの始まりです。

●SFAの日本市場参入
アメリカで普及したSFAは当然、日本にも持ち込まれました。
しかし当初はITに精通した企業担当者が少ない点に加え、どぶ板営業など非効率な営業スタイルから転換できない企業も多く、導入は困難を極めました。
しかし昨今の国際化とIT技術の大衆化に伴い、富士ゼロックスはじめ日系ITベンダーでもSFA開発が盛んになり、現在は出先から利用できるSFAが好まれ利用されています。

SFAはIT技術の進歩とビジネス習慣の変化に合わせて、これからも常に最新のシステムが開発販売されていくでしょう。

日報の入力が簡単なSFAシステムはこちら
パソコンに不慣れな方でも簡単に日報の入力や見たいように表示を変更することができます。

Page Top